DIY入門


まずはこちらの動画をご覧下さい。おしゃれ。


stand1.jpg

というわけで。動画を参考にピスト用のディスプレイスタンドの自作に挑戦です。
※一般的なエンド幅120mmのピスト用です。

【材料1】(スタンド部分)
・厚30mm×幅30mm×長450mm 4本(ホワイトウッド)
・厚30mm×幅30mm×長260mm 2本(ホワイトウッド)
・厚19mm×幅89mmx長200mm 2本(SPF1x4材)

stand2.jpg
【材料2】(土台部)
・厚30mm×幅30mm×長380mm 4本(ホワイトウッド)
・厚30mm×幅30mm×長325mm 2本(ホワイトウッド)
・厚30mm×幅30mm×長265mm 2本(ホワイトウッド)

【材料3】(その他)
・適当な長さのビス、ねじ
・オイルフィニッシュ、ペンキなど

stand3.jpg
【手順1】
スタンド部分の材料を写真のように組み合わせ、ビスで留めていきましょう。
かなりざっくりした説明ですが、写真を参考にしていけばいけると思います、きっと。


stand4.jpg
【手順2】
こちらも写真を参考に土台の材料を組み合わせビスで留めていきます。


stand5.jpg

土台の角はこんな感じの器具でとめても構いません。

stand6.jpg
【手順3】
※もっとも大事な行程です。
土台にスタンド部を四方からビスでしっかりととめて垂直になるよう取り付けましょう!

stand8.jpg
【完成】
あっというまに完成です。
オイルフィニッシュかすきな色のペンキを塗って仕上げです。


stand7.jpg

こんな感じです。


予断ですが、DIY(Do It Yourself)というと一般的には日曜大工のイメージかも知れません。
が、やっぱり創成期のパンクやヒップホップ(その他、ジャンルに関わらず)その精神性ですよね。

多感(?)な時期にそんな音楽と共にわりと根暗な時期を過ごした自分は、
今、何か、感じるものがあればDIY精神をこのように解釈しています。


「自分が率先してやれ」



DIYなやり方で、かつ成功してるバンドで真っ先に思いつくのがこの人たちです。個人的に。