メッセンジャーの休日

kyojin.jpg
GWも終わり、暖かかったり、寒かったりですが、
平均して(?)かなり暖かくなってきた今日この頃、
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?


楽しくも、ハードな日々を過ごすメッセンジャーですが、
休日は、郊外までのんびりサイクリング、
おしゃれなカフェ(テラス席)で、時間を忘れるまで読書しています。


...。


と、フレンチ(?)な休日を送りたいなとおもいつつ、
気づけば月曜日の朝。今週もがんばります。


前置きはさておき、最近こんな本を読みました。
----------------------------------------------------------------------------
「銀輪の巨人」
瞬く間に世界最強にのぼりつめたとてつもない自転車メーカー「台湾巨大機械」とは何者なのか!?
ニッポン自転車産業の強烈な空洞化はなぜ起きたのか?同じ危機にあった台湾はなぜ奇跡的な成長を手にしたのか?
はじめて解き明かされる自転車インダストリーの現代史。(「BOOK」データベースより)
---------------------------------------------------------------------------

73歳にして、台湾一周をなしとげ、いまもなおパワフルなGIANTの創業者「劉金標」氏の話に勇気づけられたり、
自転車大国になった台湾、自転車後進国になってしまった日本の現状の話などには
かなり考えさせられたりしながらも、いっきに読んでしまいました。


台湾映画「練習曲」。
70歳をこえたキングこと「劉金標」氏がこれを観て台湾一周を決意したのが劇中の次のセリフらしいです。


「いま、やらなければ一生できないことがある」