gomi.jpg


前向きだけではなく、たまには謙虚な姿勢も忘れてはいけないなと思いました。


こんなんもありました。


(まだまだ大阪はおもしろい...でも不法投棄はやめましょう)


自転車の季刊誌「CYCLE」でも紹介されてましたが、元メッセンジャーのメイジーさんがおもしろい動画をつくっていました!こんな柄のディープリムがあったら欲しい!(自転車×zoetrope)



こんなんもありました!みんなでつけてナイトクルージングしたい!(自転車×LED)



さらに、こんなんもんありました!自転車の動きと音楽が同期してます!(自転車×DJ)


いろんな映像に触発されて、今、ひそかに自転車×洗濯機のコラボレーションを考えてます...。

kigan.jpg

大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!
日曜日は四天王寺にダット・メッセンジャー年始恒例の安全祈願に行って参りました。


泣いたり、笑ったり。
辛かったり、楽しかったり。
あがったり、さがったり。


ほんと「命あってのモノだね」って思います。


(↑...ずっと「モノだね」を「〜だよね!」みたいなノリかと思ってたら
「物種」って書くのを今日知りました。)

------------------------------------------------------
【命あっての物種】(ことわざ)
意味:何事も命があってこそできることで、死んでしまっては何にもならないということ。
命にかかわる危険なことは避けるべきである、ということ。
------------------------------------------------------

今年も事故なく安全運転でいきたいと思いますので、
何卒よろしくお願いします!


「休みの日もやっぱり自転車に乗ってるんですか?」


とたまに聞かれる事がありますが、メッセンジャーのなかでも、


・休みの日も自転車に乗って遠くまでサイクリングに行くメッセンジャー
・休みの日はまったく自転車に乗らないメッセンジャー


だいたい、どちらかに分類されます。
という僕は、後者で、なんなら休みの日は家から一歩も出ないぐらいの勢いです。


休みの日は予定を一切たてず、映画をみたり、音楽を聞いたり、
テキトーに時間を過ごすのが最も贅沢な時間の過ごし方だと自負しております。


(結果として予定がないだけというツッコミは置いときまして...)
週末、いつものようにネットサイクリング(あくまでサーフィンではない)をしてますと、
久しぶりに自転車が出てくるPVを見つけました。


曲のかっこよさや、奇麗な映像に見とれながらも、
自転車に乗ってる人はモグワイ(MOGWAI)のメンバーの人かなと思いつつ...


最後のクレジットをよく見ると、「Cyclist:James Bowthorpe」の文字。
どうやら自転車での世界一周最短記録を打ち立てた人のようです。
(全長約30,000kmを1日で平均190km、約174日と5時間かけて完走した模様...)


グラスコーの轟音バンド、モグワイのPVに出演している辺り、
なんかおもしろい人のはず、とさらにネットサイクリングを続けましたところ、


現在は、ニューヨークで集めたゴミで、
ボートを作ってハドソン川を渡るというドキュメンタリー映画を作成中(完成してる?)らしい。



う〜ん。やはり映像の美しさと音楽のかっこよさにみとれてしまいます。おもしろそう。

(淀川か道頓堀でなんかおもしろい事できんかな、無理か。)

,

ライブラリ - 7650.jpg

ニューヨークのメッセンジャーを追ったドキュメンタリー映画「PEDAL」。
「メッセンジャー」についてというよりは、
それ以上に、いつも「働く」ことについて考えさせられる映画です。


単に「好き」を仕事にしている人々の物語。
というよりは、色々な(どちらかといえば困難な)状況の中で、
それでも好きか、どうか。
続けていくのか、どうか。


まあ、みんな悩んでるってことですね、自分、含め(・Д・`;)


最近は、なにも考えなくなるよりは、悩み続けてる状態の方が、
よっぽど健康的な状態なのでは、とも思います。


かなり過酷な状況も映し出されていますが、
それでも、どこかで人生を謳歌しているような、
まさにride or dieなニューヨークのメッセンジャー達。


これ観てメッセンジャーになろうと思う人は少ないかもしれないけど、
それでも「好き」を仕事にしてみよう思い立つ人はいるはず。(きっと)


そんな自分の好きな映画の一つです。


ちなみにこの監督(ピーター・サザーラント)の撮る写真も最高にクールです。
気になった人は調べてみて下さい。

shop.jpg
土曜日は、大阪在住のイラストレーター、鈴木裕之さんの個展「極北ファンタジア」に行ってきました。(実は去年、ひょんな人とのつながりを通じて、ダットメッセンジャーのイラストを書いていただきました。ありがとうございます!)

face2.jpg

鈴木さんの絵は、ただかわいらしいだけではなく、
あほらしさと、すこしの狂気(?)
「ナンセンス」なようで、ナンセンスではないような、
「落書き」のようで、落書きにとどまらない、
そんな魅力に満ちあふれているとおもいます。


鈴木さんの絵については、『ナンセンス図画帖』を買って、
その絵と共に、解説と本人のメッセージを読みましょう!


個人的に『ナンセンス図画帖』で一番好きなやつは
「この貝じゃない」でした。


この絵を見て、あーじゃない、こーじゃない、
と悩む人生に照らし合わせながらも、
つぎの瞬間、あ〜そんなこと考えるってアホらしっと思い、
クスッと笑わせてもらいました。


そんな落書きがもりだくさんです。

face.jpg
似顔絵カンバッチつくっていただきました。
明日からこれをつけて配送させていただきす!

datmsgr_green.jpg


まずはこちらの動画をご覧下さい。おしゃれ。


stand1.jpg

というわけで。動画を参考にピスト用のディスプレイスタンドの自作に挑戦です。
※一般的なエンド幅120mmのピスト用です。

【材料1】(スタンド部分)
・厚30mm×幅30mm×長450mm 4本(ホワイトウッド)
・厚30mm×幅30mm×長260mm 2本(ホワイトウッド)
・厚19mm×幅89mmx長200mm 2本(SPF1x4材)

stand2.jpg
【材料2】(土台部)
・厚30mm×幅30mm×長380mm 4本(ホワイトウッド)
・厚30mm×幅30mm×長325mm 2本(ホワイトウッド)
・厚30mm×幅30mm×長265mm 2本(ホワイトウッド)

【材料3】(その他)
・適当な長さのビス、ねじ
・オイルフィニッシュ、ペンキなど

stand3.jpg
【手順1】
スタンド部分の材料を写真のように組み合わせ、ビスで留めていきましょう。
かなりざっくりした説明ですが、写真を参考にしていけばいけると思います、きっと。


stand4.jpg
【手順2】
こちらも写真を参考に土台の材料を組み合わせビスで留めていきます。


stand5.jpg

土台の角はこんな感じの器具でとめても構いません。

stand6.jpg
【手順3】
※もっとも大事な行程です。
土台にスタンド部を四方からビスでしっかりととめて垂直になるよう取り付けましょう!

stand8.jpg
【完成】
あっというまに完成です。
オイルフィニッシュかすきな色のペンキを塗って仕上げです。


stand7.jpg

こんな感じです。


予断ですが、DIY(Do It Yourself)というと一般的には日曜大工のイメージかも知れません。
が、やっぱり創成期のパンクやヒップホップ(その他、ジャンルに関わらず)その精神性ですよね。

多感(?)な時期にそんな音楽と共にわりと根暗な時期を過ごした自分は、
今、何か、感じるものがあればDIY精神をこのように解釈しています。


「自分が率先してやれ」



DIYなやり方で、かつ成功してるバンドで真っ先に思いつくのがこの人たちです。個人的に。

7519.jpg
ライブラリ - 7623.jpg
7528.jpg
7539.jpg
ライブラリ - 7509.jpg
7605.jpg
ライブラリ - 7625.jpg
7631.jpg
ライブラリ - 7542.jpg
ライブラリ - 7537.jpg
今週末は、鶴見緑地公園で開催された第一回「OSAKA CITY RELAY MARATHON」のお手伝いをして来ました。
リレー形式のマラソン大会です。ファミリーでの参加を含めたくさんの方が参加されていました。


ライブラリ - 7615.jpg
先導車はなんと自転車(ロードバイク)!
...という訳で我々メッセンジャーも率先してお手伝い。


ライブラリ - 7510.jpg

メッセンジャーY君は誘導係を(ヘルメットはいらんでしょ...この場合。工事現場じゃないんだし、あんた)。

そういう僕は、バナナを配ったりしてました。


...まだまだ、メッセンジャーもがんばらないといけません。
(今回、メッセンジャーとしてお手伝いしていたわけではありませんが。。。)


それはさておき、リレーということもありグループで参加のみなさんは本当に楽しそうでした。


グループでの盛り上がりを横目に、単独で42.195kmを走りきるソロランナーも個人的にとても印象的でした。
(個人での参加も受け付けていたみたいです。)


ライブラリ - 7598.jpg
明日へ向かって走れ!


ライブラリ - 7632.jpg
そしてタスキを繋げ!


ファミリーでの参加が多かった午前のハーフの部にて、そんなシンプルなメッセージもあったように思います。
走っている姿で勇気を与えられる。メッセンジャーもそのような仕事になればと思います。

,

秋保と申します。

はじめまして。
暑い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

いつもDATメッセンジャーをご利用いただき
皆様には深く感謝を申しあげます。

はじめて私も参加してみようと思いまして
このブログを書かせていただくことにしました。

自己紹介の前に、私から皆々さまへお詫びしたい事があります。

現在、定期的に行なっていた
DATmsgrブログが頓挫している状況にあり、
突然の予告なくブログ運営が半停止状態だった事です。

DATmsgrブログを楽しみにされている皆さまには
大変ご迷惑をおかけしております。

この場を借りてお詫びしたいと思います。
本当に申し訳ありません。

今後は、HPサイトも正常化させて頑張りたいと考えています。
どうかこれからもよろしくお願い致します。


さて、私が書かせてもらう第一回目という事ですので、
何か特典といいますか、私らしい内容を書いてみようと思います。

そこで、この会社 DATmsgr(新ダット・ジャパン メッセンジャー課)
の事について書いてみようと思います。

私の堅苦しい文章になりますが、
どうか興味のある方は読んでみてくださいね。

それではよろしくお願いします・・・

私は、このDATmsgr設立を担当した初代の責任者でして
2代目の御厨くんの上司の秋保と申します。

現在私は、他の部署にいまして日々業務をこなしながら過ごしております。
私が責任者と第一線を退いてから、4年以上が経過しました。

平成16年4月に会社を設立したのですが、
お恥ずかしながら まだあの頃は社内整備もままならず、
私も現場のいちメッセンジャーとして、お客様の荷物を運んでおりました。

そんな状況の中で、私もこの業界が勉強不足だった事もあり
メッセンジャー業界の事に まだ理解が浅く、従業員さんからの反発もいただき
当時は様々な事で困難な状況に直面し、公私ともに苦しんだ時期でもありました。
(その頃の私って、ワンマンで威張りん坊さんでしたので。。)

あの頃から比べると、現在うちのスタッフさんも随分と働き易い環境になりました。

しかしまだまだ課題は山積みでして
目標は全てのスタッフさんが満足してお客様の荷物を運ぶことです。
今後もがんばって行きたいと思います。


ここまでの功績は、全て2代目の御厨君のおかげだと思い感謝しております。

ただし、物事には表と裏があるように、メリットに潜むデメリットが隠れている事
新しい課題にも常に前向きな姿勢をもって立ち向かっていかなくてはなりません。

さて、今後はどういった道筋をたてニュージェネレーション達が活躍していくのか。
そして どのようにして ダットメッセンジャーが進化して行くのか。

これからの私の夢や希望でもあります。(いつもポケットに持ち歩いています)

つたない文章でごめんなさい。

最後になりますが、私達 新ダット・ジャパンが掲げている
目標を記載し、最初のご挨拶とさせて頂きます。


●私達 新ダット・ジャパンは、
業界内でリーディングカンパニーである事が、最低限の課題だと
考えています。業界にこだわる事も必要ではない。
当社にしか出来ないサービスを今後も追求していきます 。


●ダットメッセンジャーの心得5箇条
1.必ず大儀と目標を決める
2.問題点をさがし決める
3.どのように実行するか決める
4.どうなったか検証する
5.結果が出れば、そこがスタートになる

●ダットメッセンジャーのポリシー3カ条
1.迅速かつ丁寧にお客様のオーダーを守る。(業務遂行の遵守)
2.全ての自転車利用者の交通模範として、マナーとルールを大切にする。(自転車モラルの発信)
3.夢と希望を大切にし、様々な社会問題に立ち向かえる廉潔な人格者の集団となる。(社会への使命)

これからもどうか DATmsgrをよろしくお願い致します。

新ダット・ジャパン株式会社
西日本営業部 メッセンジャー課
課長 秋保守

, ,

ひさびさの更新です。どうも窓際です。

いよいよ来週末です。

皆でアピールしていきましょう!!

第3回御堂筋サイクルピクニック

2012年9月22日(土・祝)10:00〜15:00

会場/大阪・中之島公会堂 周辺

参加無料 雨天決行

●10:30〜12:00 アピール走行 受付は10:00〜
※当日参加可
●10:00〜15:00 自転車屋台

●12:00〜15:00 自転車イベント

カー・フリーデーにあわせて、
「第3回御堂筋サイクルピクニック」を開催します。
今回は、アピール走行に加えて、
オリジナルTシャツや、自転車グッズ、ランチ販売の屋台も登場!

午後からは、おもしろ自転車試乗会、メンテナンスコーナーなど、
ぶらりと立ちよって、遊べるコーナーをご用意いたします。

アピール走行は、現在、参加者大募集中です。
ママチャリでもロードバイクでもミニベロでも、
どんな自転車でも参加可能です(中学生以上)。
ぜひぜひご参加ください!

アピール走行に参加される方は、
できるだけ事前にメールでお申し込みください!
申し込み・お問い合わせ
サイクルピクニッククラブ事務局(あおぞら財団内)
メール: webmaster@aozora.or.jp
電話:06-6475-8885